Loading...
アカシアについての情報セッティングレシピ使いこなすために/安全未分類

安全のためのロードーズ手順

「初めてサイケデリック触る」
「事情があって何も経験ないのに一人で試さざるをえない」
「可能性を探りたい、常にゆるくハイでいたい」

という人のために、ロードーズ(少量から弱く長く酔いを伸ばしていく方法)の手順をまとめてくれた方がいました。いくつかの事例を載せます。

 


モクロベミド150㎎+2,30分~1h置きにアカシア0.5-2gくらいで追い飲み
利点:
・安全第一で効く量に行ける&効く量が見つかる
・納得するまで浅い深さのセッション時間を延ばせる
・吐き気や不快感、恐怖が比較的少ない

 


モクロベミド300㎎、アカシア1.5gをまず飲む。
⇒効かない場合はおかわりで、モクロベミドなし、アカシア3gを飲む。十分な場合はそのまま

などのコースが初心者向きなのではないか?と思います。

 

③青井注:

どうも、オーロリクス濃度固定派とお茶濃度に連動派がいるみたいです。お茶は少量でいいからMAOIと同時にとらないと胃の酵素が復活して効果がなくなる場合がよくあるので、自分は連動派ですね。ただ、モクロベミドはしばしば過分に取りすぎるきらいがあるのでお茶単体で調整するやり方のほうが安全です。
加えてお茶が粉状だと効くまでにタイムラグがあります。以下の手順がいいのでは?

・お茶を冷凍庫でアイスキューブ状にしておいて、一塊アカシア1g分くらいになるように作り置く。

・モクロベミドを75㎎ずつ(300錠剤だと1/4)に小分けにしておき、最初はモ150㎎、ア2g分くらいから始める。

・一時間経ってからモ75㎎、ア1g(1/4錠とアイスキューブ一個分を溶かしたもの)を追加する。人によってはこのへんでべろんべろんかも。

・30分ごとにモ75㎎、ア1gを追加していく。

・too muchだな、と感じたら30分のインターバルを設ける。まだいけるな、と感じたらモ75㎎ア1gを追加する。

・インターバル明けでまだ強いなと思ったらもう30分あける。まだいけるな、と感じたらモ75㎎ア1gを追加する。

なおお茶の効きは人によって大きく違うので、インターバルの時間や飲む間隔をどのくらいにするかはやってみて自分で判断してみてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*