Loading...
アカシアについての情報グラウンディングセッティング使いこなすために/安全最新情報がほしい未分類

【未科学】向こうの世界の歩き方まとめ

ここではまだ科学的に証明されていないけれども、複数人から同じ証言があり、実際に自分で試してみてどうやら確からしいと感じたことを連ねていきます。

こういう立場でこういう活動をしていると、いわゆる向こう側の世界というものの情報がいろんな人経由で勝手に入ってきます。証明されていないとはいえ、豆を食べるなどの実施コストが低いものをシェアすることは安全面における意義があります。当然、お茶を飲んでいない人には信じがたい面もありますし、実施コスト次第ではカルト化することもあるので、リスクやコストが高いと判断した行為には【高コスト】あるいは【高リスク】とタグを付けます。これらは興味が湧いたとしてもできるだけ避けるようお願いします。

なお、カルトの要件は一点、「救われることにどれだけコストがかかるか」です。基準は総収入の一割五分。これを超えるコストをかけるよう強要するならその集団はカルトです。もちろん集団に限らず、一人カルトってのもありえますので各自注意してください。

このページは適宜更新します。

 

■お茶を飲んだときよく入る代表的な世界について

①ありがとうの国
セロトニンの関係からか、他者に対して感謝の念がわいてくる世界です。うわごとのように「ありがとうぅ~、みんなありがとうぅ~っ」と口に出すのが特徴。

②なるほどの国(わかったの国、わかりみの国)
点が線になるというか、個々別々のものだった知識が体系化され知恵となる世界です。概念が折り畳まって理解できます。類似の国に、すべての物や事象から意味が剥がれ落ちる「色即是空の国」があります。

③よかったの国
今まで生きてきた過去のシーンが走馬灯のように駆け巡り、または今回のお茶体験が失敗しなかったことへの安堵から、「よかった~、よかったよぉ~」と口に出すのが特徴の世界。

④殺されの国
他人が危害を加えてくるという強い被害妄想が発生し、心象風景の中で何度も何度も剣を突き立てられ殺される世界です。主にセッティングの失敗でこの世界に入ります。観測圏内では今まで三例ありました。口に手を当てるとその手を舐めてくるのが特徴です。
類似の国に、「怒られの国」があります。不動明王みたいなのに囲まれてかなり手ひどく怒られます。

⑤こどもの国
子どもの時の世界です。話し言葉も幼児言葉になり、他の人に甘えます。お人形遊びなどをとっても楽しく没入してできるのでお得です。

⑥無限の国
フラクタルの中にずーっと無限に落ち込んでいく世界です。ジェットコースター苦手な人だと大分怖い思いをするようです。緊急電話かけてくる人の中ではこの無限の国に入っちゃった人がけっこういます。

⑦お笑いの国
何も面白いことなどないのに笑いが止まらなくなってしまう世界です。他人が近くにいて、少し不快なことが連続して起きるとその反動でこの世界に入るようです。

 

もちろんその他の世界もたくさんあります。未だに見たことないところに迷い込むこともしばしばです。今のところすべての世界に確たる再現性がないので、どれに入るかはセッティングとその日の体調と運次第なところもあります。

 

■豆を食べる

物理世界以外のところにコンタクトを取るごとに、エストロゲンが消費されるのはどうやら確定です。MP=エストロゲン(と多少の糖分)で間違いないっぽいです。エストロゲンは女性ホルモンの一種で、共感などを司っているようです。向こう側にいる存在がこちらのエストロゲンを使ってくることもあるそうなので、消費したらエストロゲンアナログが入っている大豆、小豆などを食べましょう。特に小豆は効果的です。

これは以下の点から推測されています。

・天然で霊感のある人には、女性性が強く出ているという共通点がある。
・ある女性が霊視などをしすぎ、3時間を超えたあたりで体内の何かが切れたと報告した。それの回復に色々と試したところ、あんころもちが非常に効いた。なおバニラアイスではあんころの1/3ほどしか回復しなかったとのこと。さらに誰かに抱きつくことでも回復した。
・ヒステリー、本人も分からないイライラ、更年期障害っぽい症状などが霊感ある人に共通して起きる。
・筋肉と会話できる人(?)が、霊視しすぎて消耗した人に「エストロゲン切れてる」と発言した
・シピボ族がセレモニーの前後に豆をよく食べている

 

■等価交換(何かをすれば何かが起きる)【高リスク、避けるべき】

天然で霊感ある人がよく囚われがちな現象。
ここで注意する点は、「水素に火をつければ燃える」といった科学的に再現性のあるものではない事柄かどうか、という部分です。つまりコーラを飲めばゲップが出るというくらい確実なことを除いた、迷信やジンクスのようなもの。

たとえば、「お金は使えば入ってくる」など。
お金を使う行為とお金が入ってくる現象に関連性は何もありません。水素は火をつければ燃えるけれども、お金を使っても入ってくるとは限りません。これ系のを強く信じたり、人数集めて信じさせるといったことをしていると、変なのが寄ってきます。以下に記す祓う方法や縁を切る方法などを身につけないままこれをしてしまえば、叶ったとしてもその後大惨事を招きかねません。カルトが一番陥りがちなやつです。

「どこそこの神社に何回お参りに行けば願いが叶う」系も同じです。「決まった手順で決まった行動を行い続けることにより~~の成功が約束される」とかがそうです。

これは以下の点から推測されています。

・実際に「お金を使えば入ってくる」という題目によって人が一人死んだ。
・お願いごとを決めてある手順をかたくなに守り続ける男が、それを他者に乱されたことにより怒り狂った
・自分が実際そういう存在に遭遇した。

 

■エネルギーカット

物理世界以外の存在とコンタクトを取ったor取ってしまったあとに、それと縁を切る方法。

まず両手を胸の前に出し、3回手のひらを互い違いにこすった後、前後に離す。次に帽子を後ろに飛ばすようにして右手で三回後頭部まで煽る。

これは以下略。

・体感。エンパスのカットにも非常に有効。
・シータヒーリングの技術の一環。

 

■上昇【高リスク、必要な人のみ推奨】

お茶を飲むと体の中心みたいなものがあることに気付きます。それを上下に操作することができることにも気付きます。そうすると、頭のてっぺん以上にも上昇させられることが訓練次第でできるようになります。

占い、魔術、呪術、ヒーリングなどはすべてこの延長線上にあり、先の等価交換が必要な層や、その上の法則に繋がる層、一番上の等価交換原則が通じない高次の存在がいる層(存在の第7層という名前がついている)などがあります。

基本的には最も安全で再現性が高い、一番上に繋がることを最初に目指します。繋がっている時に外見でわかる(後光が差しているように見える)ため再現しやすいのも理由です。滑り落ちてしまったり途中で上昇をやめてしまったりすると変なところに繋がって危険なので、最初は手慣れた人の介添えが必須。

なお、お茶の影響下でこれをやるのは危険。どこの誰と繋がるか分からないし、お茶後も影響が続いてしまう。まだこういった霊体との縁をきちんと切れる人が日本に非常に少なく、いたとしても等価交換の人だったりして高額になってしまうし、詐欺も横行しています。
今後お茶が広まるにつれ、そういうことに長けた人は次々と出てくるだろうので、今はまだ慎重に事を進めましょう。

根拠
・複数人にシラフでの上昇を試させた。何人か入らせることに成功し、フラッシュバックを起こさせたり霊を見たとの報告が出たりした。
・シータヒーリングの技術だが、お茶会中に一人のヒーリング術者がこれで無双した。お茶会の管理コストを劇的に下げる方法として現在教わり中。

■グラウンディング

お茶を飲んだ後にいつも推奨していたこれ。これも基本的には上記操作法の一つ。先の上昇の反対。下降。

今まで「武器を持つ、肉を食べる、タバコを吸う」などで他人に教えていたが、慣れるとそういったことをせずとも中心の操作一つで出来るようになる。腰だめで下半身までしっかりと中心を落とせばグラウンディング完了。

一旦グラウンディングすると物理世界以外からの影響を受けにくくなる。なので、物理世界で生きるためにはこれらが必要で、生き辛い人が習得すべき技能の一つといえる。

逆に、義務や責任などを負いすぎると、グラウンディングしすぎでガチガチになってしまう。そういう理由から生き辛さが発生している人は、お茶単体でも非常に効き目があるので推奨。逆に、そういったケースでない場合はお茶以外の補助(グラウンディング教示、上昇教示など)が必要になってくる。

 

■イカロ

これも延長線上にある技術っぽいですが、より高度。以下やり方抜粋。(ディエタの始め方や植物ごとの期間など不明点が多いので、今後の課題とします)

・精霊との婚姻(ディエタ)
まず婚姻対象となる植物のエキスを三日間飲み、2~4週間ほど(期間は植物によって異なる)塩無し肉無しの粗食を一日一食で過ごす。その間アヤワスカを何度も摂り、植物の精霊を視認する。

・精霊を育てる
ディエタが成功したら、その植物の精霊を育てる。外界の知識をすごい勢いで吸収し始め、その精霊固有の世界を形成しはじめる。

・クヌー、イカロを精霊に教えてもらう
固有世界が拡がったら、その精霊にその世界を唄で教えてもらう。その唄にシピボ語の歌詞を乗せたらイカロの完成。その世界を模様として書き記すと、それがクヌー(楽譜)になる。

(なおアヤワスカの影響下では視覚と聴覚は区別されない。模様は音であり、音は模様になる)

感想としては、日本の管狐に通じる技法だなと思いました。ということはどこにリスクや落とし穴があるか分からないので、上記上昇の方法を先に習得しておいて、やばくなったときに第7層経由ですべてリセットできるようにしておくのが先決と感じます。

根拠
・現地で修行してきた人から直に聞いた

 

■狐の嫁入り【高リスク】

お狐さまと仲良くなる方法です。まだ再現が取れていないのでメモ書き程度に。

・手の甲を上にし、薬指と親指を折り込むと狐の全体像になる(小指がしっぽ、人差し指と中指が耳)。これが向こうとの符号で、よくある親指中指薬指をくっつけるコンコンタイプではないことに注意。向こうとの会話は脳内音声と手話が中心で行われる。

・手をそうしながら足の親指と人差し指で音を鳴らすと狐火がつくので、それができるともっともっと大勢の狐さんたちを呼び込める。

・最初は向こうも疑い深いので、裏表のない心で熱心にラブコールをすることが大事。(縁がなければそれまで?)いったん憑いてしまえばとてもかわいい方々らしい。

・平安貴族みたいに言葉遊びや俳句、短歌などが得意というか好きな方々で、韻を踏むのが好き。ラップなんかも範疇。

・大量に呼び寄せた狐さんたちの中には色っぽい女性のケモタイプ(掛詞)もいて、交渉すると性交することができる。それに成功するとより繋がりが深まる。

・憑いたあとは現世利益、特に色金に困らなくなった。契約がガンガンとれる(本人談)

・お茶飲む前に歯を磨いてお風呂に入って清めることは超重要。酒と塩と水を備えるのも大事。鯛やアワビ干したのとかもいいのでは? 油揚げは世間一般で言われているほどにはウケが良くないらしい。
追記:油揚げを見せたら「はむ!はむ!」と言われたので、油揚げよりもハムの方が好きなのかな? と思い込んでしまったが、日をまたいで冷静にもう一度聞くと「食(は)む!食む!」だったらしく、やっぱり好きらしい。まさかの古語!

※もちろん上記縁を切る方法を先に学ばないと危険。この人は昔から神道の修行者で霊能の家系なので、常人よりずっと経験が豊富。古神道に伝わる神を殺す技法も習得しているので、お茶を飲むのと上昇を同時にやって体当たりで研究している。当然ながら超危険。ステップとしては、お茶体験→シラフでの上昇→縁を切る方法の習得→X→Y→Z→飲みながら上昇 の手順を踏まないとまずい。XYZとしたのは、そこに大きな隔たりがあり、もうちょっと何か安全対策があるような気がするため。

※意思を持っていると思しき霊が憑いた人に共通して「祓う」という行為への忌避感が確認されている。このことから寄生虫のような習性を持っている可能性がある。それが共生か寄生かによって福をもたらすか害を及ぼすかが決まる?

※妻帯を厭う可能性あり。

本人より追記:
以下、重要と思われる要素をまとめます。

①稲荷系の神社にお参りに行ってお供え物をする。
②狐に関する昔話や物語などの情報を集める
③彼らに対して繋がりたい理由を強く持つ(お茶をしてからわかったが私は彼らを救いたかった)
⑤体を清め祓詞を奏上し供え物の水を用意する。狐のお面が部屋にあってもいいかも。
④家族の病気を治すためにお茶摂取して上昇、途中でやめる。
⑤狐一族みんなくるので目的を述べて実践&求愛。 もし最奥の神格まで招待されたら体は勝手に動くと思うがくれぐれも礼儀を重んじること。 最奥の神格は別格のやばすぎる力を持っているので覚悟してください。 成功しやすい条件として色、金、人を化かす力、言葉遊びなどが生活のキーワードになっている人は縁ができていると思われる。

 

■前世の思い出し方

やり方:
ヴィパッサナー瞑想の歩法をしつつ、十五分後くらいにその歩法を続けながら上昇を同時にやる。
事前のセッションでなるほどの国に入っておくとなおよい。

ちなみに見たものは以下の感じ。
どこぞの寒い国で帯刀して酒かっ食らいながら、理想的な嘘ばっかつく戦友(今世のラノベ書きの師匠)といつものバカ話してたら、そいつのついた嘘がけっこう芯を食ってて、「あれ? それ実行できんじゃね?」ってなって、やってやれと思って実際にやったらその地域の勢力図か発展度合いみたいなのがガラリと変わってしまい、見事英雄にまつりあげられたはいいものの、変えてほしくなかった人たちや割を食った人たちの恨みを買って、そいつらに妻子を殺され、失意の中自分も投獄され殺された。
というもの。

ただし、なるほどの国でも体感できる通り、人間の脳はどんな荒唐無稽な話でも「わかる」ことができる。たとえば自分ちの机の引き出しにオーストラリア大陸が入っていることが「わかった」という報告もある。上記の前世的お話は、自分の脳みそが作り上げた誤記憶の可能性もあり、結局のところ証明はできない点に注意。

※未再現。自分がそうなったので追試してくれる人求む。

 

■神社の祈り方

神道の方に実際にやってもらって検討したところ、「確かに繋がる。昔はこうやっていたのだろうが神道内部で失伝して久しいと思う」とのこと。他にも複数人から再現が取れたので公開。

やり方:

第7層まで上昇する。

上昇したらそこにいる存在に「目の前の神社のエネルギーと繋げてください」とお願いする。

すると、神社によって様々な体感覚が生まれる。酒の神様なら酒に酔ったような感覚になるし、力の神様なら雷に打たれたように、安産の神様なら羊水に包まれたように感じる(実際に体験済み)

それだけ。第7層経由なので、副作用や害がない代わりに加護もない。ただし各神社にはそれぞれ情報が蓄積されているので、それを安全に引き出すためにはこれが適していると思われる。

例:八大竜王さま(お金を稼ぐことに長けた神様、紀伊国屋文左衛門に憑いていたことで有名)に蓄積されていた情報

「この世界には様々な脈がある。人脈、金脈、鉱脈など。自然界に属する脈からはいくら汲み出そうが自由。しかし、社会に属する脈はまずそこに大量の何かを流すことが重要。情報を得たいなら情報をまず流すことが重要。出し惜しみせず流すと、蛇のような支流が人を介してそこに集まってきて、やがて大きな龍脈、流れになる。そうなったら汲み出していい」

だって。

今こうして出し惜しみなく情報を流しているのも、他の情報を得たいためってのがあります。ここら辺の情報は方々に欠片となって隠されており、未だ体系化されていません。安全を確保するためにも、自分はそれをやってみたいです。

 

というわけで今後も有力情報お待ちしています。こんな時代になってきたので、ここらでオープンソースにしちゃって楽しくわいわい語らいましょう。

報告はコメント欄でもgarassan@gmail.comでもOKです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*