Loading...
未分類

ゲートウェイ理論とその防止について

Twitterでアンケートを取ってみたところ、お茶を飲んでから別のサイコアクティブ物質を試した人が7%いました。

割合は低いものの、もしかしたら「カフェイン飲んで大丈夫だったから次はスピリタス行く」みたいな人が中にはいるかもしれません。
これはゲートウェイドラッグと呼ばれ、穴だらけの理論ですがこの危険を無視するわけにはいきません。この危険性は消費者の無知に拠るものなので、わざと外道に踏み外そうとするとき、自分の身を守るために最低限心得なければいけないことを以下に記します。別のものに手を出そうとする人はどんなに止めても聞かないだろうので、最低これだけは気を付けろよ、死んだり後遺症残ったりするぞ、という点だけ挙げておきます。

 

①粉状のものは摂らない

知っての通り、界隈には頭のおかしい人が他の業界よりもたくさんいます。これは「病人がその解決を求めて手を出す」という、薬本来の性質によるものです。そんななか、別の物質の混入が容易な形態で出された代物は絶対に身体に入れないようにしてください。どんな悪意が混じるか分かったものではありません。植物体そのもの、結晶化されたもの、できれば生きている植物を手ずから採集したものを選択しましょう。

 

②自然界にない化学物質は摂らない

いわゆるケミ(ケミカルの略)と呼ばれるものは、①よりもさらに危険です。製造工程で不純物が混じる可能性が高く、粗悪品は車のガソリンなどを有機溶剤として使うため毒性が跳ね上がるからです。素人が丸薬状に成型する際に成分の不均等が起きて、同じ錠剤でもこっちは効かないがこっちは致死量、みたいなことが起きたりします。丸薬成型されていたり、パケと呼ばれるポリの小袋に粉で入れられていたりするものには最大の警戒を。
非常に小さい濾紙にLSDがついている場合なら混入の心配はなく大丈夫と思われがちですが、製造過程でハートアタック(心臓に悪影響)する物質が混じることがしばしばあります。連用は禁物です。

 

③強がらない

これはちょっと分かりにくいんですが、虚勢を張るとそこに悪人が付け入る隙となります。田舎ヤンキーが虚勢張って、車の営業に高額ローン組まされて沈没するのと同様です。「俺は強いんだぞ!」をやると、「じゃあこれやってみろよ」となり、危険に晒されます。
要は敬意を持ての言い換えですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*