法律リンク

麻薬五法(麻薬関連の法律全部)

このうち、現在の取り組みに直接関わってくる法律は
麻薬及び向精神薬取締法
です。

これによる麻薬の定義はどうなっているかというと、

第二条
”一  麻薬 別表第一に掲げる物をいう。”

別表第一
(注1:一 〜 七十五まで麻薬200コくらい指定。省略)

ということで、ここに名前が挙がったものが麻薬です。DMTもここに入っています。しかし「自然界にもいっぱいある物質じゃないか、植物全部規制して引っこ抜くのか?」と疑問が出てきます。
結論から言うと、引っこ抜いている植物も数種あります。

別表第一
”七十六 前各号に掲げる物のいずれかを含有する物であつて、あへん以外のもの。ただし、次に掲げるものを除く。

   イ 千分中十分以下のコデイン、ジヒドロコデイン又はこれらの塩類を含有する物であつて、これら以外の前各号に掲げる物を含有しないもの
ロ 麻薬原料植物以外の植物(その一部分を含む。)”

「麻薬原料植物以外の植物は大丈夫!」ってはっきりと書いてくれているんですね。
この七十六:ロの一文により、日本中のマメ科アカネ科雑草が自衛隊に引き抜かれずにすんでいます。

では麻薬原料植物とは何かというと、

第二条
”四  麻薬原料植物 別表第二に掲げる植物をいう。”

別表第二
”  一 エリスロキシロン・コカ・ラム(和名コカ)
二 エリスロキシロン・ノヴォグラナテンセ・ヒエロン
三 パパヴェル・ブラクテアツム・リンドル(和名ハカマオニゲシ)
四 その他政令(↓)で定める植物 ”

麻薬、麻薬原料植物、向精神薬及び麻薬向精神薬原料を指定する政令

”(麻薬原料植物)
第二条  法別表第二第四号の規定に基づき、次に掲げる植物を麻薬原料植物に指定する。
一  三―〔(二―ジメチルアミノ)エチル〕―インドール―四―イルリン酸エステル(別名サイロシビン)及びその塩類を含有するきのこ類(厚生労働大臣が指定するものを除く。)
二  三―〔二―(ジメチルアミノ)エチル〕―インドール―四―オール(別名サイロシン)及びその塩類を含有するきのこ類(厚生労働大臣が指定するものを除く。)”

というわけで、コカとケシとマジックマッシュルームがそれです。あへんと大麻はまた別枠で規制されてます。
もしお茶が規制されるとしたら、ここにアカシアとヤマハギとマイハギとハッショウマメその他色々が載ることになるでしょう。

 

ちなみに抽出されたDMTが関係するのは「麻薬、麻薬原料植物、向精神薬及び麻薬向精神薬原料を指定する政令」のうち

”第一条  麻薬及び向精神薬取締法 (以下「法」という。)別表第一第七十五号の規定に基づき、次に掲げる物を麻薬に指定する。〜〜三十二  三―〔二―(ジメチルアミノ)エチル〕インドール(別名DMT)及びその塩類”

 

という部分ですね。上の注1:のところで規定されています。

これが生得的に含まれる草は取締法第二条:別表第一:七十六:ロの規定により大丈夫で、これが人の手で振りかけられた草は取締法第二条:別表第一:七十五:政令第一条:三十二によりしっかり逮捕される、というわけですね。

 

抽出がダメでお茶はいいの? という真っ当な疑問については、

東京都福祉保健局

のページに答えがありました。

”非医薬品リストに掲載されている原材料から、水やエタノール以外の溶媒によって抽出したものは、その抽出された物質が医薬品成分に該当しないかどうか確認する必要があります。”

なるほど、水やエタノール以外。つまりお茶と焼酎漬けは許されているんですね。これがアセトン使ってスタス・オットー法なんかで分画抽出しちゃったら完全アウトなわけです。

 

ここまでのほとんどの法律がお茶に関して肯定的な見方をしています。

ただしこのたび違法ドラッグの煽りを受けて、厚生労働大臣が「これやばいんちゃうん?」って疑いを持っただけで禁止にできる法律ができました。

それが薬機法。

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律

第十四章 指定薬物の取扱い

長いので要約すると、

・厚生労働大臣か都道府県知事が「これやばいんちゃう?」と思った製品は広告から販売まで全部一旦禁止!(第七十六条の六

・検査受けてね。受けた結果を見て指定薬物かどうか判断するよ

・立入検査もあるよ

・疑いを受けた後、おとなしく指示に従ってくれたら逮捕まではしないよ(第七十六条の七、七の二)

 

というわけで、やってみてダメだったら向こうさんがきちんと「ダメ」って言ってくれるので、言われたら素直に従いましょう。その際下される中止命令、廃棄命令に粛々と従えば大丈夫っぽいです。

 

ちなみにモクロベミドやベンゾジアゼピンなどの薬。これらの授受や売買は同じく医薬品医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法)で禁止されています。
自己責任による個人輸入は今のところ適法ですが、最近デパスが向精神薬指定されて輸入禁止になったばかりです。モクロベミドもそのうち指定されるでしょう。

ここのところをしっかり守り、正々堂々胸を張ってサ道を伝えましょう!

 

最後に今後の規制予想ですが、DMTソースの植物はおそらく規制され得ません。それよりはMAO阻害剤の方が規制されやすいのでそっちが先です。

ということでまずモクロベミドは個人輸入禁止になります。
ハマビシの種は現在の第二類医薬品から第一類に格上げされます。
シリアンルー、バニステリオプシスカーピは日本に生えていない植物のため、輸入禁止の上もしかしたら麻薬原料植物に指定されるかもしれません。

よって、手軽に手に入ってMAOIソースとなりうる日本在来植物の発見が今のところの課題です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*