Loading...
未分類

で、お前の神は見えたか?ーNonne vides Dei?ー

作戦概略

たとえば体の震え、振戦が発生したとします。

この時に地震大国の日本であれば「地震だ!」と10人中10人が言うでしょう。
しかし、もしも地震がない国で育った人だったら? 地震というものを経験したことのない人がその震えを経験したら?

世界の多くの国は地盤がしっかりしており地震はほとんどありません。そういう人にとって振戦は、「キツツキにつつかれている」などと表現されるようです。

このように、表記は揺れます。個人的な体験、主観的経験を記述する際に揺れる表記法は、体験談を他人に伝える際に非常に問題となります。

 

では全く違う文化圏の人が、その文化的背景を以てして主観的経験を記述したときにどのような体験談になるのか? 宇宙とか狐とか出てくるのか?

私、気になります。

というわけで実験したいと思います。

 

実験方法

実験名:
Nonne vides Dei?(ノンネ ヴィデス デイ? 訳:で、お前の神は見えたか?)

仮説:
常日頃から神を信仰している人に、その宗教に伝わる古典的なサイコアクティブを体験してもらうと、その個人が進行している神が見えるはず。

検証:
モルモン教徒の方に、できれば伝道師の方にアポを取り、モーセさんやキリストさんが使っていた水出しアカシアを飲んでもらう。もちろんこの場合オーロリクス等の市販薬は薬機法により使えないので、ターメリックと胡椒などでMAOIを効かせる。そして彼らの断食日、月初めの日曜日にアカシアを持って教会に行く。

 

 

2 comments
  1. ランデヴー

    モルモン教ではない某キリスト系団体の信者です。それほど熱心な部類ではないからかもしれませんが、今のところアカシアによって神に出会ったりしたことはありません(言うまでもありませんが神の存在は信じていますし、自分なりに神を愛しています)。
    私の団体の場合、組織に対する信仰・忠誠心の強い人はアカシアをやる事はないです(深い変性意識状態による気づきによって教義の間違いに気付いたり洗脳が解けてしまい、コントロールができなくなってしまう為(もちろん表向きは違う理由ですが)、幻覚剤は禁じている。罪悪感を植え付けられている為、戒律を破る事を異常に恐れている)。
    モルモン教については何も知らないのですが、少し調べてみたところドラッグは禁止されているという情報を目にしました。
    ですから、伝道師レベルの方に幻覚剤を飲ませるのは至難の業のような気がします。
    飲んでくれる人がいたとしても、例えば色々教理に疑問を感じていて、信仰が弱まっているような人であれば、神が見えずに終わる可能性も大いにあると思います。

    1. garassan

      なるほど。内部からの貴重な情報をありがとうございます。
      お話の内容からは、創唱宗教ならではの現象が垣間見えたような気がします。
      特にランデヴーさんが考えてらっしゃる>教義の間違いに気付いたり洗脳が解けてしまい、コントロールができなくなってしまう為 という点です。
      創唱宗教が自然宗教に出くわしたときにとる回避行動やマウンティング行為というのはそこに尽きると自分も考えます。
      いかに彼らの文脈で言葉を話し、彼らの文脈に沿った体験談を引き出せるかが今回の実験のカギになるような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*