Loading...
未分類

メンター試験案内

メンター試験とは

正式名称:薬草協会メンター認定試験

目的:正しい薬草知識の担い手を確保する。

目的を達成するための手段:
合格した人は薬草協会会員として、薬草茶を他人に飲ませる権能を薬草協会から受ける。飲ませる人からお金を受け取る代わりに、法的な正しさと身体、精神に関する安全性を確保する責任を負う。この安全性の確保のために、協会発行物を仕入れて頒布する権利を得る。

試験内容:
試験問題として、以下のような筆記試験と実技試験を設ける。

 

  これ以上は酔いたくない。酔いざましとして適当なものは?
◎  ルネスタ(ハイプナイト)
・  果物
・  モクロベミド
・  ナウゼリン

※2017年現在、個人で手に入るものはルネスタ(エスゾピクロン)のみ。
果物やモクロベミドを取ると酔いが加速する。ナウゼリンは吐き気止め。

 

  以下の中で明らかにやってはいけないことは?
◎  酔わなかったのでモクロベミドを600mg以上飲む
・  回復体位で横になる
・  水を飲む
・  トイレでうなる

※許容域を超え、オーバードーズになる。
こうなるとなぜか酔いざましを受け付けなくなり、自我を失い暴れる。

 

    避けるもの

 

  以下の中からセッションに適する安全な場所を選べ
・  川べり
◎  自分の部屋
・  風呂場
・  ボートの上

※水場は避けること。同時に、火元も避けること。

 

  以下の中でセッションの場から遠ざけるべきものを選べ
◎  ろうそくなど裸火
・  果物
・  理解ある友人
・  白米

※火元を避けること。
できれば最初は理解ある友人の助けを得、白米と果物を用意しておくこと。

 

その他、実技試験が二点。回復体位の取らせ方、ヤノマミ式ストローを使った酔いざまし方法。

出てくる内容はすべてこのサイトにある情報から出題されます。
Q&A、最終確認、などを読み込むと勉強になります。
3級なので安全性に関するものが中心に出題され、合格すると一度に6人まで酔わせられるだけの知識を得たとの証明になります。
出題の6割は常識を問われる問題なので、学習時間はおおよそ10時間くらいが目安だと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*