Loading...
未分類

併用OK/併用禁忌の薬剤一覧

※コメント欄かフォーラムに「これ(有効成分名orお薬の名前)どうなの?」って書いてください。調べて書き込みます。

●落としとして鉄板(併用OK)

・デパス(処方)
・ルネスタ、エスゾピクロン、ハイプナイト(全部同じ、個人輸入可能)
・ロヒプノール(処方)

 

●吐き気止めとして鉄板(併用OK)

・ナウゼリン、ドンペリドン、motillium(全部同じ成分)
・プリンペラン

●落としに使えそうだが使用実績なし

その他ベンゾジアゼピン系(以下を除く)

 

●併用注意(上のベンゾリンクで注意と書かれていたお薬)

・クロルジアゼポキシド
・フルニトラゼパム
・クアゼパム
・吐き気止めのナウゼリン+コントミン(MAOIではなくナウゼリンと併用注意。錐体外路症状が出るとのこと)
・(まだまだたくさんあります。【(お薬の名前) 併用禁忌】でご自身で検索してください。)

 

●一緒に飲むと呼吸がマヒしたり頭痛で最悪死ぬお薬(併用禁忌)

(なお2週間以上完全断薬の必要あり。ものによっては一ヶ月)

SSRI系
SNRI系
・ブプロピオン(DNRI系)
・ADHD処方系(ストラテラ、コンサータなど)
・違法薬物一般(特にMDMA系と覚醒剤系)
・エフェドリン類(麻黄湯、葛根湯、ブロンなど。エフピー錠と同時摂取したために脳の血管が切れて死亡した例あり)

・良く聞かれる薬剤で、併用禁忌の薬一覧↓

リボトリール、レクサプロ、(追記予定

 

●併用して死にそうになったと報告のあった薬剤

・トラゾドン塩酸塩
→トラゾドンの効果がMAOIで増強されパニック発作が出たようです。以下報告のコピー↓

”五グラム直飲みして、パニック発作(過呼吸、動悸、意識混濁、意識もうろう、消化器系不調)と失神を複二時間半くらいの間に数回起こしました
途中息が止まったらしいのですが、しばらくして息しだしたから救急車騒ぎにはならなかったです。その後、フラッシュバックと吐き気が一週間続いてます。だんだん緩くはなってますけど”

”お茶は二、三十回くらいしてます。事前の食事は半日前くらいにピザとゼリー少し食べました。
薬は睡眠薬としてルネスタ、リボトリール、トリアゾラム、トラゾドン塩酸塩。持病は双極性障害あります。
あとは乖離したりADHDかもとも言われてるけど診断はでてないです。
MAOIは300、前日朝にお茶してて2日連続です
前日も軽い動悸がでて、ものすごく日暮里駅になった感覚で酔いました
さめた後も感覚がずれていたので翌日三十時間以上空けてからしたかんじです。今思うと、軽躁状態だったかもしれないです”

・(おそらく)コンサータ
→別に普通の酔いだったとの報告多数でしたが、一件とてもひどい頻脈と高血圧が出た例が出ました。

”嘔吐の後は幻覚が一切消える。そこから全身の血管がどくどくし始める。どんどん激しくなり、(中略)血が流れ過ぎてどこかの血管が切れてもおかしくない状況。そうしていると、苦しさと血圧の上昇とともに意識が飛んでいきそうになり頭が白くなっていく。床を這いずって、ギリギリ冷蔵庫に辿り着き、保冷材を心臓に当てて5分ほどもう死んだ。と思い、茫然と倒れていた。しかし、保冷材のおかげか段々と落ち着き、苦しいものの動けるようにはなった。後は三時間かけて徐々に戻っていった。眠たいのに寝れず、倦怠感は丸一日続いた”
なおMAOI300㎎、標準濃度。タバコとカフェインを併用していることから、効果が強く出た?

 

 

●頭痛がしたり、体に悪いだろうと思われるお薬

・カフェイン(いけないとあるが実際のところ不明。コーヒー等と同時摂取で問題なかった例もある)
・アルコール(同上。海外の飲み合わせ表によると、DMTとは「効果を下げる」、MAOIとは「命の危険」とある)
・ガランタミン(酔いが嵐のように激しくなるとの生還報告あり。危険)
・ジヒドロコデイン(ブロン。説明書には併用注意と書かれている)
http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00049091.pdf

4 comments
  1. ・ブプロピオン
    ・エフェドリン類(麻黄湯、葛根湯、ブロンなど)
    ・ジヒドロコデイン(ブロン)
    ・カフェイン

    上記について書かれていると有り難いです。
    特にカフェインは某スレで併用禁忌という情報とそうでないという情報があり、気になっています。

  2. 落とし(酔いざまし)用の薬について – 薬草協会

    […] 飲んでから時間がたたないと効いてこないものや、即座に効くけど有効時間が短く幻覚がぶり返す恐れのあるものが混在しています。中にはMAOIと禁忌のものもあるので、「これはどうなの?」については自身で調べてもらうとともに併用OK/併用禁忌の薬剤一覧を参照ください。使用レポートも下のコメント欄でお待ちしています。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*