Loading...

目的別お茶講座

abc 英語の勉強

アカシアのお茶を飲みながら英語に触れることで、英語の勉強がとても捗ることがフォーラムで報告されています。この現象、古くはキリスト教が「異言」と呼び習わしていたものです。モーセやキリストの用いたアカシア茶が現代に復古したことでこちらも原義通りの現象が蘇りました。要はこれもキリストの奇跡の再現です。
アカシア茶によって英語レイヤーに接続することができれば、20歳以降でも子どものようにスルスル英単語が入るようになります。

 

♪ 五線譜の読譜

音符が読めない方のための講座です。音符の記号 ♪ から意識を介さず音を想起するのは、共感覚(シネステジア)という現象を用います。しかし、脳の可塑性が低くなってしまった成人にとってその感覚を身につけるのは非常に時間と労力の掛かるものでした。
ところがその今まで難しかった共感覚の訓練が、アカシア茶でできるようになりました。

ダンスの練習

こちらも上記と同じ共感覚を用います。しかしダンスの場合は記号から音ではなく、音から動作への共感覚を養います。
通常のダンス教室ですと、モジュール化された振付をリズムのある曲に合わせるだけになりがちです。これだとクラブなどダンス文化に適応できないので、「せっかく教室通ったのに……」と若干つまらない思いをします。音から動作への共感覚を養って、朝まで気持ちよく踊れるようになりましょう。

声楽の訓練

音や発された感情を「色」として見ることのできる共感覚者を隣に据え、声にきちんと感情が乗っているかどうかをリアルタイム判定してもらいます。音程が合っているだけで歌がうまいと呼ばれる時代はすでに終わっていて、歌に感情を乗せられるどうかが肝であることを知らされます。

音楽の深化

運指の向上

月一で行われている薬草研究会にて、整体師に整体をしてもらうことで運指が良くなったという報告が2例上がりました。音楽に対する共感覚の養成とともに、絡まった神経からくる運指ミスも減らしましょう。

健康増進

病気ではない=健康 ではありません。ほとんどの人は未病といって、病気になる一歩手前の不健康な状態です。たとえば歩き方がおかしいせいで股関節が痛くなったり、合わない食べ物を食べ続けることで腎臓肝臓がおかしくなったり、脳の仕組みが一点集中型なのにスケジュール管理なんかをさせられたり。
特に病名はつけられていないけれども、スポーツでいい成績を残したかったり仕事をバリバリこなしてスッキリしたければ、一度ご相談ください。
アカシア茶によって気の流れを確かめられるようになった腕利きの整体師さんと、生まれつき共感覚を持っていたおかげで整体10年の修練を一日でラーニングしてしまった天才カウンセラーさんが茶飲み友達として整体&アドバイスをします。

絵画の実践

世界はレイヤーで分かれていて、人は自分の知らないレイヤーを無意識に知りたがっています。アカシア茶で向こう側の世界に行き、あなたしか認識できない何かを持ち帰って私たちに教えてください。

数学イメージング

四次元の挙動がどうなるか、公式から自然現象を想起する手助けに、とかいろいろ書こうとしたけれど、数学には詳しくないのでパス。最近お茶会にちょくちょく東大や慶応の人が来てですね、抽象的思考の手助けになればという目的でお茶を嗜む。そんな人が増えてきました。

プログラミング、人工知能、新しい概念の発明

上からの続きで、特にAIの専門家がお茶を飲んで自分の説を立証したということがあり、これはボランティアでも提供したいということで項目を作りました。ジョブズのように、世界を変革したい方に提供します。

整体

キリスト教の奇跡の一部再現が可能になりました。
まだ再現性は低いものの、今までに二人成功しています。
やり方は簡単。まずアカシア茶を飲んでHPPDに罹患します。次に心意六合拳の継承者で整体を生業としている気功の専門家に、その現象の操作の仕方を習います。視覚情報に共感覚が発生したらそれを直接使って、身体情報に共感覚が生じたらコウモリのようにそれを飛ばして流れの詰まりを発見する方法で、それぞれ開発していきます。