Loading...

基金

 三年経ち、有益な情報が集積されてきたという手応えを感じます。
貧血やパニック発作など個人的な因子によるバグ対策も進み、手順を守れば比較的安全に酔えるようになったと言えるのではないでしょうか。そろそろ「入り口は整備された」といっていいでしょう。入り口ができたら次はゲートウェイ理論の未然防止です。他のサイコアクティブに流れるのはひとえに「治らなかったから」です。道を示さねばなりません。

 一人、最高峰レベルのシャーマンさんが見つかりました。
治らなかった人がその傷を抱えて霧中をさまよう前に、きちんと道を示せそうです。これからの仕事は、この未だ属人的な技術を標準化して一般に理解できるレベルに落とし込むことです。たった一人だと数百万円/一依頼とかのオーダーになってきますが、技術者が20万人いれば価格が数千円まで下がります。まずは自分が学びます。やっていきましょう。

 今後もこんな感じで情報の集積を行っていきます。あと残っているのは未成年者対策と、医療機関連携、危険スポーツとしての保険作成、あと現地アマゾンでの儀式のやり方まとめ、ってところですか。だいぶ壁が崩されてきましたね。一つ一つ登っていきましょう。

どうか応援よろしくお願いします。


発送頻度:2日に一回


アカシア・コンフサのお茶 Medi-Tea ¥6,000




・アカシアのお茶です。飲みやすいように改良を加えています。
・一番最初に安心安全に酔いを試すとしたらこれです。
・初心者が陥りがちなミスを、三年かけて収集し網羅しました。
・酔うためにはMAOIと組み合わせる必要があります。
・偽造防止のため、追跡用の暗号が付随します。
・一度で4回分作れます。
・Medi-Teaの詳細についてはこちら


アカシア・コンフサの木片 30g  ¥5,000




・混ぜ物による健康被害を防ぐため、木片そのままの形での流通を勧めています。
・一個で8回分です。
・開封後は、密閉できる容器にホッカイロと一緒に入れておくと数年持ちます。
・やすりで削るかコーヒーミルで砕いてご使用ください。


同人誌1~8巻  ¥8,000  各¥1,000


1~8巻まとめ買い

・そこら辺の雑草で酔えるものを片っ端から吸ったり飲んだりしてきた記録です。
・幻覚サボテンの育て方、雑草に催幻覚性を持たせる育て方、カエルの毒で幻覚を見る方法など。
・見えた幻覚を用いて様々な霊や神とコンタクトを取る方法など。


back number all ¥1000



ゆうちょ振込

を使いたい方は以下のフォームを埋めて送信してください。追って払込先の書かれた返信が来ます。来ない場合はgarassan@gmail.com宛に住所/氏名/電話番号/買う商品 をメールしてください。手返送します。

①同人誌1巻目
②同人誌2巻目
③同人誌3巻目
④同人誌4巻目
⑤同人誌5巻目
⑥同人誌6巻目
⑦同人誌7巻目
⑧同人誌8巻目
⑨Medi-Tea
⑩アカシア・コンフサ根皮の木片
⑪3,000円分の産直お野菜予約
⑫東京お茶会
⑬大阪お茶会
⑭純粋な募金

なお振込確認後に発送します。

※Paypalが銀行振り込みに対応したようです。やってみてください。


同人誌を先読み

したい方は以下のボタンから抜粋版をダウンロードできます。数百円など少額寄付したい方はこちらからお願いします。


同人誌1、2、3巻の抜粋 配布中




以下、旧スタイルでの決済方法

お品書き:

①同人誌1巻目
②同人誌2巻目
③同人誌3巻目
④同人誌4巻目
⑤同人誌5巻目
⑥同人誌6巻目
⑦同人誌7巻目
⑧同人誌8巻目 各1おひねり

⑨Medi-Tea 6おひねり
(初心者キット、4回分。Medi-Teaの詳細についてはこちら

アカシア・コンフサ根皮の木片 30g 5おひねり
(経験者用、10回分。用い方についてはこちら

⑪産直お野菜予約 3おひねり
(でき次第発送、台風や獣害などで全滅した場合は来年以降発送になります。オクラ、キュウリ、トウモロコシを中心とした季節のお野菜です。農薬等のお知らせは下記参照。了承できる方のみご購入ください)

⑫東京お茶会
満員御礼!

⑬大阪お茶会
満員御礼!

⑭純粋な募金
リターンはいらないから募金したい、という方用

決済方法:
技術が乏しく、簡素で特殊です。不便ですがごめんなさい。
すぐ下の「今すぐ購入」ボタンを押した後、表示されたPayPalのページで
説明(description)「①②よろ~」(ほしいものの番号を書く)
数量(quantity)  「2」(おひねりの数を書く)
など書き込み、次のページに進みます。すると、2個おひねりを投げたことになります。
つまり上記の場合、2,000円の振込をして同人誌1巻と2巻を買ったことになります。

記入例2:
説明(description)「④⑤⑧よろ~」
数量(quantity)  「5」
これで4巻と5巻とお野菜を注文し、5個おひねりを投げる=5,000円分の会計をしたことになります。

記入例3:
説明(description)「b. 相番」
数量(quantity)  「12」
これで17日の東京お茶会に二人で参加可能になります。
(上のa〜gのどれかを選び、単独か相番かを記し、数量におひねりの数を入れるだけです)