白米クッション法

目的:吐き気止め

手法:コンビニサイズのおにぎり(自分で炊いたもの。具なし、海苔なし、塩のみ)を一つ食べてから、根皮と砕いたオーロリクスを直接オブラートで飲む。

結果:危険。50分して軽く効くが、すぐに収まる。しかし3時間ほど経ってから急激に入り、食べてから9時間半ほど経たないと抜けない。被験者は油断してお茶を飲み、それからしばらくして完全に理性を失い酔い覚ましも受け付けなくなり、トイレにこもるもベルトが外せずその場で漏らす。全身尿まみれになりながら朝四時まで叫び声を上げていた。

 

感想:これは別の報告になるが、お茶に耐性のできてしまったアカシアダイバーの方が、根皮直接ではほんの少量でも酔うことから、お茶として煮出されない何か油溶性のような交叉耐性を持たない未特定の物質が根皮の中に含まれているのではないだろうか。
白米の糊効果で胃からの吸収は阻害される。腸からのゆっくりとした吸収は促進される。おおよそ狙い通りの効果をあげたと言える。しかし結果は惨憺たるもので、遅延が油断を招き、とても手に負えるものではない。
ただ、お茶と組み合わせることで効果を最初から出しつつ持続させることができるかもしれないと感じた。

なお、効果の深度や時間は根皮の量ではなくMAOIの量で決まる。