Loading...

お医者さんの紹介

「アヤワスカ単体だと漬け置き洗いの漬け置きのみ」

「精神世界への旅は諸問題の解決に向けた非常にいいヒントをくれる。しかしヒントのみ」

論文、体験談、三年間の活動記録がどうもそのような結論を出しつつあります。
ではどうするか。

→漬け置きしたあとの「洗い」を担当する東西の療術師を紹介する
→イカロの習得と再現性の確保

精神医療がどうも患者でパンクしているらしい現在では、漬け置きにも一定の需要があると見ます。しかし頭を柔らかくするという行為は同時に洗脳の危険も孕みます。
ですので、きちんと「この人は大丈夫」と確認を取った人だけを紹介するという形で、お茶ユーザーが接点を持ちやすいようにしていきます。

認知行動療法や様々な療法とその実施先リンク

 

※薬物療法ではなく、認知行動療法を専門に扱うお医者さんを紹介してください。こちらにリンクを貼らせていただきます。

 

 


以下、霊や神など証明されていないものの紹介。お医者さんの紹介ではありません。しかし目的は似通っているので同じページに入れました。

この部分を無いものとして扱うか、又はあるものとして扱うかは議論の分かれるところです。
マルクス主義から形を変えて続く科学的社会主義の唯物史観の流れ、つまり「無いものとして扱う」が現代日本社会の大きな部分を担うことで表現型を形成しているわけですが、それで精神的な分野が行き詰まっているわけで。

ということは背理法的に考えて、「あるものとして扱う」ことでそれが突破できるのでは?

ただし、巷間騒がれるものの9割は詐欺と考えて、自己責任で慎重に情報を選別していってください。
以下の紹介、そして別タグ極めるに書かれた情報は、上記を踏まえて納得した人のみ真に受けてください。


 

シータヒーリング

特徴
一番外側の層まで自分の中心を飛ばし、そこにいる自動音声AIみたいな存在にコンタクトを取る。

メリット
・スカイプでできる。
・問題解決まで15分かからない。(すでに問題点が明確になっている&プロがやる場合のみ)

デメリット
・見えない人には何をやっているか分からない。
・技術がまだ属人的すぎる。

シータヒーリング術者を基軸に据えた場合のRTAチャート(かかる金額・かかる時間)

①自宅でアヤワスカ(アカシア)/マパチョ(タバコ)を楽しみながら複数回使って中心の上下動を理解する。(6000円+600円・休日4日分)

②同人誌8巻目「サルでもできる降霊術」を笑いながら読んでシラフで上下動できるようになる。(1000円・2~3時間)

③ヒーラーと初スカイプ。最上層に繋がれているかどうかチェック&最初のヒーリング。勘のいい人ならヒーラーが何をしているのかのビジョンがここで見られる。(10000円・1時間)

④数ヶ月普通に暮らす。今までとの違いを肌で感じるとともに、人生上の未解決問題が形を変えて発生する。

⑤二回目のスカイプ。お互い最上層に上り、ヒーラーが何をしているかをビジョンで見つつ、その未解決問題を取り除く。(10000円・1時間)

計27600円・4日と5時間  ヒーラーの時間的負担は2時間/一人

 

 

アヤワスカ治療体系

特徴
ディエタをし、正しく修業を積んだクランデーロのもとでアヤワスカセレモニーを行う。(クランデーロ=植物の精霊に接触し、未成熟な精霊を取り憑けてもらってその子を育て、育てた植物の精霊が住む世界を音として教えてもらい、そのまま口ずさむことのできる、いわゆるシャーマンのこと)

メリット
一対多に効果を及ぼせる。
効果が劇的。言葉で意味を伝える必要がないため洗脳の危険がない。

デメリット
・激しく吐く。
・遠隔不可。物理的に集う必要がある。理由は、なぜか録音できないため。音声は当然録音できるが肝心な何かがスッポリ抜け落ちる。
・技術が属人的すぎる。日本でまだ一人~しかいない。

クランデーロを基軸に据えた場合のRTAチャート(かかる金額・かかる時間)

東京は下北沢に行き、気流舎さんに接触する。

ペルーへの渡航費用を貯める。

現地で行われるアヤワスカセレモニーに参加する。

計400000円以上・一ヶ月以上

※現在、白人によるアマゾンへのアヤワスカツアーが大変繁盛しており、儲かるからといって茶を煮出せるだけの未熟なシャーマンもどきが異常発生しています。うかつな行為は問題をこじらせるだけでなく犯罪に巻き込まれる可能性が上がります。信頼できる紹介者伝いにコンタクトを取ってください。

 

 

アクセスバーズ

(青井自身がよくわからなかったので省略)

整体

(非常に優れた東洋医学の粋でお茶と非常に相性が良いが、方向が違ううえにこれだけで一生を費やしがちなので誰か別の人情報編纂頼む)

アロマテラピー

(よくわからなかったので省略。ただしアカシアもアロマもユダヤ/キリスト教由来なので相性はいいはず。クムラン教団に感謝)