Loading...

裁判の行方

※PayPalが凍結されてしまいました。
 裁判資金を得るためにこちらのページから様々なものを販売しています。


◆2020/07/26 現在の方針

 4ヶ月も勾留されて途中何度か挫けかかりましたが、

・一連の事件に犠牲者や被害者が出ていない。
・精神科医の方から「自殺志願者から自殺衝動が抜けて元気になるという、極めて意義深く興味深い結果が出ている。もしこれで無罪が勝ち取れたなら、アヤワスカを利用した治療研究を一気に進めることができる」と打診があった

 という二点により、最後まで争う決意を固めました。

 争うといっても、悪いことを正当化しようとしたり言い逃れしたりするつもりはなく、「法律を解釈する」という知的なスポーツに興じる、という意味です。人道に悖ることをしたわけではないとはっきり言いきれるので、そのようなことも言えるわけです。

 強制捜査をされて精神にひどい悪影響が出ている方々や、4ヶ月もの勾留で多大な損害が出たことはとりあえずいったん忘れて、スポーツマンシップにのっとり健やかに闘っていこうと思います。

 

◆社会的な意義

 資本主義の台頭によって、費用対効果に基づく徹底して合理的な選択が、古い風習や宗教的義務の縛りを解いたという歴史がまず西洋にありました。
 これで一時は浮かれたのですが、合理化合理化の合言葉が社会のあらゆる面に及びました。
 形骸化した宗教による理不尽な統治よりは良かったし、国体として強かったからそうなったわけですが、同時に労働の人間性疎外が起こって精神疾患がやたら増えました。ざっくりそんな歴史があります。

 日本は別に形骸化した創唱宗教による表立った統治などはなかったわけですが、それでも禅などの古来より伝わる精神疾患へのアプローチ手法があまり日の目を見なくはなりました。そしてそれらの担っていた職責は、すべて精神科病院へと帰属しました。
 しかしながら、精神の問題は肉体の問題とは違い、科学的or化学的アプローチがしにくい分野です。精神科病院にかかった人の快癒率が2割少しといったことから見ても、科学と合理の両輪が轢き潰したこころの問題は、科学と合理だけでは解決できなさそうです。(ただし、職責は精神科病院が担っています。心を病んだ方はまず真っ先に公的機関をたずねましょう)

 最近になってようやく、形骸化する前の宗教=自然宗教という古い古い昔の観念や理想が復古してきました。
 これをうまいこと現状の「一回心を壊したら終わり」の社会と融合させることができれば、ブラック企業の害も減るし、起業に失敗しても再チャレンジできるし、ハラスメントの根元を断てる。こんな公益に資することはありません。

 

◆これまでの活動

 しかし、5年前の現状はとてもカオスでした。
 精神世界のインスタントな入り口であるはずのサイケデリクス(精神展開薬)は現代社会でその意味を見失い、ありとあらゆる向精神物質が濫用され、規制と脱法のいたちごっこが繰り広げられ、死者が多数出ました。私が「危険ドラッグ撲滅運動」という看板を掲げたのはこの時です。
 そこから四年をかけて、入り口を整備しました。

 それでは、危険ドラッグの何がダメだったかを細かく見ていきます。

・内容物がわからない
・その効果がわからない
・どのように扱えばいいか説明されていない
・同じパッケージの内容物をある日黙って変えた
・人体に悪影響を与えるものが入っていた

 なぜ危険ドラッグがこのような形態になったかは、理由があります。度重なる規制により、販売者が法の目をくぐろうとしたからです。
 言い逃れのために「バスソルト」「ポプリ」などと呼称し、規制すれば規制するほど販売者はアンダーグラウンドに逃げました。
 その結果、風呂場で雑に化学合成し、その商品に説明書を添付せず、どのような効果がもたらされるのか使用者に知らせず、パッケージを変える間もなく内容物を変え、変えた結果人体に悪影響が出ようが構わない、そういった販売者だけが淘汰に残りました。

 いたちごっこは2017年まで続きます。
 そのいたちごっこが全盛だった最中、私は危険ドラッグで酩酊した暴走車が人を轢き殺すところを目の当たりにしました。その時の恐怖から、それを終わらせる方法を考えて、実行しました。
 その方法とは以下の通りです。

・内容物をはっきりさせる
  →化学合成物はすべて却下し、植物に限定した。植物であれば手落ちも悪意も出にくいため。
・効果を一定に保つ
  →量を表示し、自分で確かめ、多数の木からとれた同種の木片を一つのボウルで加工し平均を取り、常に一定を心掛けた。
・どのように扱えばいいかを徹底的に説明する
  →海外の篤志家、また国内の掲示板やSNSを使って使用者の心得をかき集め、薬草協会というサイト一ヶ所に徹底して集積した。集積する際、犯罪に使われそうな情報は秘匿した。(この点は検事さんに誤解されていたので強調する)
・内容物は全て説明書に書く
  →サイトを見ない人のために「最低限これだけは心得たほうがいい」点を書いた簡略版を添付し、それについて何度も何度も推敲した。
・人体への影響を常に考え、健康に酔えるようにする
  →提供するにあたって、世界中の酔える草花を収集し自分で試し、その中で食歴も含めて歴史が長く、人体に害がなく、世界で研究が進んでおり、国内法に照らし合わせて問題のないものを選定した。

 信念をもって活動しました。売り手が説明責任を果たし、きちんと顧客のフォローを担当するべき。危険ドラッグを撲滅するには危険でない酔いを危険でない方法で提供するべき。以て公共の福祉に貢献できるように。そういった信念です。
 取り調べの際、「バスソルトとして販売していた、みたいな言い逃れはしないね?」と検事に聞かれた際、「司法のその態度がまさに安全性を損なっていた原因です。どのような罪に問われようが、天地神明に誓って私はそのような言い逃れをしません」と言い切りました。
 以上の活動が、そういった信念のもとでざっと四年間行われました。

 しかし、起訴されました。
 検事によると、DMTを含む植物をお茶にしてはいけないそうです。そんなばかな。

”一人の人間に対してなされた不正義は万人に対してなされた脅しである” モンテスキュー

 DMTは広範な植物に含まれています。アカシアやミモザだけではなく、豆や萩やベルガモットやミカンにだって含まれます。もしDMTを含む植物を水に浸してはいけないなんていう判例が出てしまったら、みかんを扱っている会社やアカシアポリフェノールの会社、ミモザの化粧品会社、ハーブティー業者にまで累が及びます。そんな迷惑を社会にかけるなんて絶対にしてはいけない。それが4ヶ月もの間、自分を踏みとどまらせました。

 

◆今回の件を踏まえたこれからの活動

 まあ正直、民間の限界というものも感じてはいました。どんなにこちらががんばっても説明書を読まない人は出てくるし、値段を上げたとしても未成年者の手に渡ることは防ぎきれないし(ただし未成年が飲むことについての論争はまだ続いています)、危険ドラッグ撲滅という背景だとセッションを一人で行うことが前提になってきて危ないし、保険はきかないし作れなかったし、などなど。
 それに、あまり有名になりすぎても、必要なかった人にまで手を出させてしまう結果に繋がりかねません。もともと危険ドラッグ撲滅、ハームリダクション、つまり「手を出さざるを得ない素因がある人を、悪い人や間違った使い方から守る」という本意があります。必要のない人に手を出させる広報は、その本意から逸れてしまいます。今回の逮捕で大衆の耳目が集まり、そのリスクが大きく増えました。活動の転換を余儀なくされています。

 さて、キーポイントは「集まる、学ぶ、気付く、癒す」で、このうちどれが欠けても機能不全に陥ります。
 これは科学的な裏打ちはありませんが、アヤワスカお茶会を開いてたくさんの方に飲んでもらった結果わかった経験則です。
 ですので、今後は

・コロナと犯罪を抑止しつつ、興味のある方同士が集まって活発な議論ができる場を作る
・その方たちへの全体メールや推奨図書などで学ぶ機会を作る
・公的機関への接続を促し、自らの認知の歪みがどのように発生したのかに気付ける流れを作る
・癒す技術を集積し研鑽する
・アヤワスカに関する事故がどのくらい起きたら規制に踏み切るべきか、その合意形成のためのアヤワスカアラートを提案する

 を行うつもりです。
 具体的には、おそらく

・酔うときは二人一組以上になって、見張る人はスキューバダイビングのような軽い試験を受ける
・危険スポーツ用の保険を適用する
・精神科病院など公的機関に技術が蓄積される。裁判の行方次第では、それら癒しの技術や職責は宗教者や民間業者の手に渡ることになる。ここは今後の話し合い次第。
・宗教者同士がその技術をシェアし、宗教の意義と技術が復古する
・田舎暮らしシェアハウスなど、社会からの一時避難場所を作る
・スピ業界から詐欺一掃、は無理だろうから、被施術者に対し弛まぬ広報を続ける

 といった形に収斂していくと思います。
 この流れの大勢は、今回の判決如何に大きく左右されると思います。
 もし有罪が出るのであれば、シーンはまた違法合法有害無害問わず野放図にスプロールし、いたちごっこが続くことでしょう。健康に酔うことはおそらく人権の一種です。というかそう認めたほうが社会の総コストが低く済みます。検察庁の調べの待機時間に被疑者とされた人々と話してその確信を得ました。

【日本国憲法 13条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。】

 

◆まとめ

”ゲマインシャフトの起源は(ゲゼルシャフトと違って)その構成員よりも古い” フェルディナント・テンニース

 何も社会のすべてが意識変革をする必要なんてさらさらなくて、社会をやっていけない人たちが一旦本質まで立ち返り、再びなんとかやっていけるようになるためのフォローができればそれでいい。私はそう考えます。
 自分の暮らしが何によって成り立っているのか、それへの敬意を忘れません。今回の逮捕に関わった人も、今まで私の身の回りの平和を守ってきてくださった方々です。ただ上に言われた仕事をしただけで、その仕事っぷりがよく見られました。本当に大変な仕事です。感謝。
 これを機に、公的機関との連携が進みます。その結果どのような形に収斂するかまだ予測はできませんが、アヤワスカがその能力を最大限に発揮し、以て社会の役に立つよう尽力します。それが私のアートです。

 

◆裁判の様子

7月までの起訴状や意見陳述まとめDL(PDFファイルのzip詰め合わせ)

まず最初の起訴状(検察側意見を赤で記述)

次に、所持の起訴状

そして、施用で追起訴。

幇助と所持についての検察の冒頭陳述要旨。

注釈:
 6月8日の①②事件の検察官冒頭陳述で、アカシア茶を飲んで大学生が「手足をばたつかせるなどして苦しみだしたことから、(友人が)119番通報をした」旨主張する点について、弁護人から、
「検察官請求証拠によれば、当時、大学生はブロンなどの薬を大量服薬しており、アカシア茶を飲用したことと、救急搬送されたことの因果関係は立証することのできない事実であり、あたかもアカシア茶が危険なものであるかのように述べるのは不適切である」
 と異議が出された。
 検察官は、「因果関係があるとも書いていない」「犯行発覚の経緯を説明するという限りで陳述したい」と述べ、因果関係の主張を行わない旨公判調書に記載されることになった。

公訴事実に対する認否(自分と弁護側の意見を青で記述)

以下、弁護人の意見陳述。

少し間をおいて、6/26の起訴状。

100日間の拘束がとけ、保釈された一週間で再び逮捕された時のもの。争点が同じ案件で、任意取調べに応じているにもかかわらず再び拘束したのはなぜ?

そして施用についての検察の冒頭陳述。



公訴事実に対する認否。



弁護人の意見陳述。

※注釈:
 7月20日第2回公判のやり取りの中で、検察官は「お茶がDMTを含有する水溶液であり、水溶液は植物ではないから麻薬である」という主張しか出していないが、弁護人の詳細な反論に対する再反論はいつ頃出す予定かを問われ、「請求証拠の不同意部分の立証で足りると考えている」と返答した。
 しかし、弁護人が「不同意部分の内容では、再反論として噛み合っているとは思われない。早期に検察官の主張を明らかにされたい」と述べ、裁判長からも、「次回までに検察官の方で主張を明らかにするように」との訴訟指揮がなされた。
 検察官は、お茶が麻薬であることを「当然の前提」としてやり過ごすことを目論んでいたようだが、裁判所は被告人らの反論に一定の説得力を認めたため、争点化して十分な再反論を行わなければならない状況に追い込まれた。

 

◆次回予告

次回、第3回公判期日は9月7日(月)10時00分~京都地方裁判所202号法廷です。
6月26日の起訴状(原材料提供)について審理が行われる予定です。