Loading...

理念

この協会の理念

■自治

薬物の害を最小限に抑え、きちんと酔えるようにする。

→諸外国でされているような、クラブで出回るケミカルの種類や量の入り口調査は効果的だが予算がないため不可能。なので現状、その信頼を ①植物由来であること ②植物の形が判別できること に頼って担保している。

もし今後、予算がついたり調査キットの種類が増えて安くなったりすれば、ケミカル(LSD、MDMA、敬愛するシュルギン博士の発明物質全般)の選択肢も増えると思われる。しかし現状は自己防衛&事故防止のため、入り口を絞って情報集積をすることで安全を確保している。ユーザー数が統計上の一つの基準値である2000人を事故なく越えた時、新しい植物を用いた別の入り口を検討する。

 

■功利主義

社会の役に立つ方法を探り、宣べ伝える。

→これまでは酔うことに意味がなかった。敢えて意味を付けるなら、どうしようもない現状からの一時的な逃避としての手段だった。
しかし近年ネットの発達が進み、社会内外に転がっていた情報にアクセスできるようになった。すると諸人が抱える諸問題に対応する明確な解決策にリーチするコストが下がり、それに伴って生兵法による事故も増えてきた。この協会はその問題自体の集積と解決策の集積を企図し、以て社会に益するものと規定する。

 

道具主義

科学的モデルは事実の近似値にすぎないとする。

→社会における未解決問題とは、科学発展の手が及んでいないからこそ未解決の問題であることが多い。そこでこの協会では、科学の範疇外の主観的認識も取り扱うこととする。

しかしこれは極めて危ない分野で且つ不毛な争いも絶えない。よって、主観的認識を取り扱う場合は必ず ※主観的情報です という注釈を入れる。この注釈がついた情報を実践することは、現代社会のこの発展具合では解決できない別種の問題を引き起こす可能性があることを示唆する。よって、現状に別段不満や問題のない人は手を出さないこと。サイケデリクスが規制されたり隠されたりしてきたのは、この点にも拠る。

なお、再現性の取れている情報については ※再現性が高い と注釈を入れる。
主観的情報であっても、ある程度再現できて他人も実践できるような情報の場合、※複数報告あり と注釈を入れる。