Loading...

本の購入

お茶、研究誌の購入はこちらで承ります

※この活動の法的根拠はこちらです
※煙遊びと煙薬シリーズを知らない方は↓で無料ダウンロードできます。

gumroadから抜粋PDFをダウンロードする
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

今まで

雑草吸いから始まって三年が経ちました。

海外の情報からアヤワスカにたどりつき、翻訳の協力を得、皆様の情報提供のおかげで最低限安全な飲み方をおよそまとめ上げることに成功しました。これは間違いなく自分一人ではできない仕事でした。本当にありがとうございます。
さらに日本独自の方向性として、音楽の代わりに整体やカウンセリングと合体させてヒーリングを行うメンターさんが現れました。検定試験も始まり、今後もこの場をサイコアクティブに関する安全確保のための情報集積所として機能させていきたいと考えています。
土地を提供してくださる方も現れました。このおかげで、一番最初のクラウドファンディングで最終目標として打ち立てた「専用のリトリートセンターを作る」が達成されつつあります。
マイクラでよくある豆腐ハウスですけどね 笑

また、できなかったものもありました。覚醒剤撲滅はこの計画では難しいことがわかり、新たな打開策を探るもソマリア海賊に対するすしざんまいの事例のようなクリティカルな決定打を生み出すには至りませんでした。ごめんなさい、無知でした。

新たな可能性も複数見出されました。ブラジルでは刑務所に赴き犯罪者にお茶を飲ませて改心させるという慈善活動も行われているし、お酒やヘロインや覚醒剤などのハードドラッグに依存した人のためにお茶で依存断ちをする活動もあるそうです。

まだ輸入できていない技術もあります。その中でも特に「怒り」に関してはただ飲ませるだけでは効果がなく、イカロと呼ばれる治療歌を用いたり別の茶葉を用いたりといった種々のテクニックを学ぶ必要がありそうです。

アヤワスカそのものも心を上向きにさせる効果がありますが、それだけじゃなくなってきました。
アヤワスカとカウンセリングなどを組み合わせる心理セラピーの手法、アヤワスカで自らの治療技術を向上させた上で行う整体、集中勉強して情報を溜めに溜めたうえでセッションを行うことによる速習レッスン、などなど。一年経って俯瞰してみると、精神世界からの持ち帰り事例は多様化してきていることがわかります。
今後も才人たちが何のお土産を持ち帰ってきてくれるのか、今からとても楽しみです。

 

―○―○―○―○―○―

 

これから

今日は元旦ということで一年の計画についてですが、まず全国各地でメンター試験を行います。ついでにお茶会も催して、日本各地を巡ります。なので、条件の良い開催地をご存知の方ぜひお声がけください。

※開催地要件

そして合間合間にリトリートセンターの拡充に努めます。整体屋を開き、鯉やティラピアが釣れる釣り堀を作り、一個一万円くらいの値がつくようなとびっきり美味しいメロンを作ってそのメロンをメンターさんにずっと安く買えるようにしてお茶会を盛り上げます。
そうそう、鯉料理がグラウンディングにとってもよく効くことが分かったので、これもパックで郵送できるようにします。野猪や鹿も鯉に次いで良い(だからセッション前は控えた方がいい)のでそれも真空パックにしてお届けできるようにします。
あとはピザ焼き釜を作ったり、その釜でニワトリを丸焼きにしたり、ジャンボウサギ丸焼きにしたり、廃熱ででっかいお風呂沸かしたり、その風呂の廃水で家庭消費用の鯉を養殖したり(販売用はもちろん川の清水で)、製粉機と製麺機合体させて穀類を直で麺にしたり、野生動物狩ったり解体したり、大自然のなかで安全なセッションをしたり、東屋作ってイカロ歌ってとまあ楽しそうなそれらをできた順にすべて体験教室に仕立てていきます。

村(コミューン)

そしてこれは長い目になりますが、周りの余った農地に豆腐ハウスをポコポコたくさん作って、みんなでワイワイしながら豊かな自然の連環の中で暮らせるように整えていきます。
さてこれがなぜ面白いかというと、各民族にはそれぞれ固有のサイコアクティブ植物が身近にあって、その効果がその民族の文化を大きく決定しています。このことは今までもちょくちょく主張していましたが、もしアヤワスカが身近にある圏を人工的に作り出したらその村はいったいどのような文化を生み出すのか。対人関係、社会システム、自然とのかかわり方、人生哲学など、おそらく相当健康的で深いものが自然発生する予感がします。今これに非常に興味をそそられています。

なので作ります。

ぜひ一回遊びに来てください。そしてよければ今後の住み家として検討してみてください。
場所は三重県の南の方。まるで「田舎の人がかんがえたさいきょうのハワイ」って感じのいいところです。海は豊かでサーフィンもできるし、山川は綺麗で清冽です。古き良き日本の田舎と太平洋の海がリアス式海岸により合体した、海の幸も山の幸も豊富な場所です。限界集落なので村民は200人ほどしかいません。

あとゴールをすべて達成したのでクラウドファンディングを終了し、今後は販売業として継続していけるよう整えます。
今は本だけですが、今後はグッズとかお茶会後のグラウンディングタイムにあると嬉しいもの、たとえば果物などなどを取り揃えていきたいと思います。
また、メンターの方には畑で採れた新鮮な国産の茶葉を供給していきます。

健康被害について

ところで、小分け転売による混ぜ物のリスク、濃度不安定のリスクが報告されています。歴史的に見ても混ぜ物は常に憂慮すべき事案でした。そこで有志の方に頼んで暗号を作ってもらったので、今後はそれを使ったトレーサビリティシステムを構築します。
といっても①未開封かどうか分かる密封容器、②正規品かどうか分かる数列、③販売網とそれに携わる人の可視化 ④困ったときの電話対応 くらいのものですが、ないよりマシでしょう。しかも来年8月くらいまでは輸入品に頼るしかない状況です。早く国産のものをお届けできるように土づくり重点でやっていきます。
そんな感じで一年こちらで回してみて、今後もこの事業が回る見込みが立つようだったら他の農家さんにも声掛けしていきます。地方活性化に貢献できるかなーとか意識高いこと考えてますが、国に止められたらそこでもう終わりなのでそしたらメロン作って暮らします。

販売網に関しては、メンターさんに利益が出るよう優先して販売用パックを届けます。
今後産業構造が確立したら団体交渉もできるようになります。そうすれば無碍に強い規制が敷かれる可能性は低くなるでしょう。なお今後は右のメモ書きのような形で産業化しようと考えています。事故は、勉強するのにコストがかかる勢に対して規制や偏見等により適切な市場が形成されないことで多く起こります。ここの安全を確保したい。と同時に、貸家や軽トラ暮らしではどうしてもできなかった「植物を育てる手法の確立」をしていきます。これにより有用な植物を自宅の庭で育てられるようになるための情報の洗練と公開を目指します。
いつか正しい飲み方の知識と育て方がまんべんなく行き渡れば、自然とこの左上の教育市場も縮小するでしょう。そうしたとき初めて「自宅の庭で採れた新鮮な植物を使って自己治癒」できるFree-Medが達成されます。

法の動向

※先ほど厚生労働省が税関にアカシア粉を検査するよう指示を下したとの報告が入りました。「現時点では違法ではないが、今後は99%禁輸措置(注:弱規制のファーストステップ)になる」とのことです。これにより国内への供給が断たれ、品薄になり、適当な木くずで水増しした業者(もちろん誠実な人もいるとは思いますが、見分けがつきません)がまた盛り返すことが予想されます。そうなれば更に健康被害が発生することになり、問答無用で強規制(所持、譲渡に罰金や懲役)、といういつものコンボになります。
ところで、違法物は悪人の権益です。
違法になればそれが流通しなくなるかというとそうではなく、すべて地下に潜って違法なものを取り扱う悪い人たちの利益源になります。日本を敵視している国の人の収入源になるし、安全も確保されなくなるし、日によって混ぜ物もされるし、正しい使い方なんて望むべくもなくなります。そういう状態を好む人、つまり違法にしたい人が今後、自分に対する悪口雑言や根も葉もないデマを流すことが予想されます(あと国に見つかりたくなかった古参の人のヘイトも一身に受けると思います。それはごめんなさい)。情報の真偽は自分で判断してください。もし国が違法にするのなら、私の行動は個人的な調査研究のみに絞り、保安事業から撤退します。

※2018/01/12追記:関税法(!)を行使して一時的に全量検品が行われたらしいですが、今は普通に届くらしいです。それで特に法が動いたということもありませんでした。まだ油断できませんが、残り1%の方に向かった? あるいは電話対応してくれた担当者さんがあまり法に詳しくない人だった? よくわかりませんが、報告が来次第追って記します。

では今何をするか

そうならないように、正規品と電話相談窓口を設けることにしました。

正規品を購入すると付いてくる説明書に、各メンターさんの電話番号(またはLINEアドレス)が書いてあります。怖くなったらここに電話してください。また本物と偽物が出回ると思いますので、普段と違うところから買ったり「公式サイトの写真となんか違うな……?」と思ったら記載の数列をメールしてください。こちらで真贋を判定して返信します。このシステムで、混ぜ物、突然のジェットコースター恐怖の回避、コンビニお母さん事件などありがち事故の未然防止ができるはずです。
でもこれも一時的な措置で、来年以降は木粉での販売はやめ、人の手を介する場合はすべて元の形を保った状態で流通するようにします。粉は混ぜられやすいですからね。

各メンターさんの中でも自分が信頼できると思った人を選んで買ってください。二月中旬にメンター試験を東京で開催するので、なりたい方はぜひ。全国お茶会巡り旅でも試験は開催します。
青井直通ラインは一応以下から買えますが、同じ値段だと絶対集中してパンクするので、青井ラインは売る気がないくらい高めに設定しています。電話苦手だし、あんまり口も巧くないしね。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

(各メンターさん紹介ページ作成中……。今はまだ各メンターさんにメールを送り付けたり催促したりしないでください。迷惑になります。この企画に賛同してくださるメンターさんへはこちらの紹介ページから後ほど誘導します)

■同人誌一冊1000円です。
注:郵送料の関係で一冊だけだと承れません。新刊だけ買いたい場合はとらのあなでご購入ください。

■Medi-Tea(アカシア・コンフサのお茶ノーマルパック)は一パック4回分で8000円です。
注:他のメンターさんからだともっと安くなります(同意取り付け中。記念受験の人や友人とのお茶会のみの人もいます。企画の賛同者にはあとで誘導します)。

購入品の真贋判定は記載の数列をgarassan@gmail.com宛にメールしてください。

①煙遊びと煙薬1
②煙遊びと煙薬2
③煙遊びと煙薬3
④煙遊びと煙薬4
⑤煙遊びと煙薬5
(6巻は二月中旬発表です)

⑩Medi-Tea
(ミモザ、その他は9月以降です)

記入例:
題名(description)「①②よろ~」
数量(quantity)  「2」

記入例2:
題名(description)「④⑤⑩よろ~」
数量(quantity)  「10」




ゆうちょを使いたい方は以下のフォームを埋めて送信してください。追って払込先の書かれた返信が来ます。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

※翻訳を手伝ってくださる方が現れました。
出来たページがこちらです。ありがとうございます!

※DTPを手伝ってくださる方が現れました。
おかげで煙薬6巻が非常に見やすくなりました。ありがとうございます!
2/11以降に発売となります。

※Transnautさんとおもちさんが6巻にアクセル全開で寄稿してくださいました。
お二人ともめちゃくちゃ面白い体験談でした。ありがとうございます!

※メンターさん紹介ページを作ってくださる方が現れました。
自分がどういうページにするか決めかねていて返信ができていませんが、まずは最小構成を今から投げたいと思います。ありがとうございます!

※ダルク関係者に紹介してくださる方が現れました。
身辺が落ち着いたら接触します。ありがとうございます!

※カエル情報や国内の宗教、ヨガやグラウンディングについて教えてくださる方が現れました。
おかげでお茶関連の安全性がさらに高められました。ありがとうございます!

他にもいっぱい支えてくださる方々が現れ、皆様にとても感謝しています。今後もよろしくお願いします。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 

以前に煙遊びセットのリターンを受け取った方でまだ数列メモを保存してある方は、住所/氏名/電話番号/数列を記してgarassan@gmail.com宛にメールをください。その住所にお送りいたします。