Loading...

基金/本の購入

※鬱病の人のための駆け込み寺建設にかかりきりになるため、11/7~11/20まで発送できなくなります。その間におひねりを投げてくださった方には遅くて25日以降に発送となります。なおとらのあなでも買えます。

※雨やなんやのせいで意外と長引いています。一階部分は完成したので、30日まで待ってください。

※この活動の法的根拠はこちらです
※煙遊びと煙薬シリーズを知らない方は↓で無料ダウンロードできます。

gumroadから抜粋PDFをダウンロードする
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

研究をバックアップしてくださる方を募集します。
おひねり一コ千円で、おひねりの数に応じて各リターンがもらえます。

①煙遊びと煙薬5巻      2おひねり
②煙遊びと煙薬1~4巻セット 3おひねり
③初心者お茶会一回参加    5おひねり

記入例:
題名(description)「①②よろ~」
数量(quantity)  「5」




ゆうちょを使いたい方は以下のフォームを埋めて送信してください。追って払込先の書かれた返信が来ます。


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

さて。

研究は進みました。
味噌や大量のパインによる頭痛の確認、頭痛を抑えるための薬の情報提供、より安全にセッションを行うための環境作り、サボテンの促成栽培まとめ、などなど。

苦労もありました。
誤解を受け親族一同から白い目で見られたり、錯乱したスポーツ選手にものを全部捨てられたり、モヒカンさんが大暴れしたり、借家のトイレで朝四時に大声出されたり、夏の暑いさなかに草刈りして倒れそうになったりしました。

危険なこともありました。
パインにチラミンが含まれていることを青井が調べきれず、パインジュースでお茶を割って飲んだ方がひどい頭痛にさいなまれたり(ごめんなさい)、カエルの毒を剣山使って肌に擦り込み救急搬送される方が現れたり、飲んだ状態で外に出かける人が現れたり。

さらには今後、多大な苦労が押し寄せそうな感じです。
代替MDMAの開発完了がフォーラムにて報告され、代替覚醒剤の開発完了がオフラインにて口頭で伝えられ、「39度」が発明され、アカシアコンフサを掘り下げ尽くしたダイバーの中から世界の伝統的な植物を輸入する方が現れ……

 

苦労?

いやいや。

 

こんな楽しいこと、他にないだろーよ!!

 

というわけで、だんだん活況を呈してきた薬草協会本草学部の部活動。今までのまとめとこれからの展望を語るよ。

 

 

「覚醒剤撲滅運動」の進捗

まず最初にぶち上げたこれ。
結論から言うと、ごめんなさい勘違いしていました。
幻覚剤と覚醒剤の顧客は体感ほとんど一致していません。幻覚剤がフリーになったところで覚醒剤の販売が止むことはありませんでした。
ただし、研究の過程でREITANさんという天才が最小構成の代替覚醒剤を開発し、青井がその効果を確認しました。非常に危ないため現在はその制作方法を二人の間で秘密にはしていますが、やがて第二第三の天才がそれの制作方法に気付き、公にし、世界中に広まることでしょう。
そうなったらおそらく先に掲げた覚醒剤撲滅は達成されます。しかしそれ以上の災禍が予想もつかないところから発生すると思われます。

結局のところ、今やっているような各サイコアクティブ物質に対する正しい知識を集積する場を維持し、整え、教育に活かしていく活動こそが、余計な災禍を招かずに人類とサイコアクティブが正しくお付き合いしていく道なのだろうと結論付けました。
なお、各国が行った政策で非常に効果を上げているものと大失敗したものの比較があがりましたので、ご報告します。

※当初一番心配されていたヤクザ屋さんの襲撃や、危ない活動と見られての誤認逮捕、公安からの圧力、裏組織の接触などは一切ありませんでした。ただ今後どうなるかわかりませんので警戒を怠らないようにします。

 

「うつ病をなんとかする運動」の進捗

次にぶち上げたこれ、方法とか手法はほぼ確立しました。精神薬を飲んでいないうつ病の人には、標準濃度のお茶と認知行動療法を組み合わせつつ、メンターの下でセッションするとほぼなんとかなります。(うつ病はれっきとした病名なので、「治る」と書いてしまうと薬機法に触れるので書きません)
なお「精神薬を飲んでたらアヤワスカ飲めないじゃん!」という話ですが、そんなうつ病の方のために精神薬を減薬していく駆け込み寺を作っている最中です。

←今こんな感じ。

小川の流れる広い土地を提供してくださった方のおかげで、そこに手作りの小屋を作り、有機野菜を育て、きれいな水を汲み、俗世から離れてゆっくりできる駆け込み寺が作れそうです。
2*4材を大量に買って、10月後半に組み立てて、来年春には形になって開業できると思われます。

発達障害の二次障害としてのうつについては、天才研究家のfeiさんが「天才の発達段階」と呼ぶ、一般的な発達段階とは別個の概念を提唱したことによりリフレーミングがなされました。のちほどページを作成し、皆に公表するとともに出版社に出版を持ち掛けます。

あとのうつ関連についてはただし、以下の問題がなんともなりませんでした。

・生い立ち由来のパーソナリティ障害
これについては「正しい振る舞い」「より真っ当な認知」が本人にわからないため、アヤワスカでレイヤーをずらす方法を習得したとしても、どのレイヤーにつなげばいいのかわからないとのことです。そのため未解決問題として今なお横たわっています。

・親への復讐
「お前の育てた息子(娘)はこんなに出来が悪く死に向かっているぞクソッタレ」という、わざと自分を追い詰める系の復讐を遂行している人については、アヤワスカもまるで効果がないことが確認されています。本場ペルーのイカロを用いた治療ですら何週間もかかるとのこと。

 

現在までの成果

・アカシアの安全な飲み方のまとめと普及
・トリプトファンやフェニルアラニンを植物に振りかけて催幻覚性を与える手法の発明と確立
・サボテンの促成栽培法とフェニルアラニン添加によるメスカリン産生手法の確立とそのまとめ(5巻掲載)
・HPPDを気功として有効に扱う手法の発見(研究途上)
・うつ病の方対象の駆け込み寺用地の確保
・各種伝統的薬物の代替品の完成
・39度の完成(5巻に暗号で掲載)

 

今後の目標と研究対象

アカシアアヤワスカ、略してアカワスカさんのメソッドが確立したので、次はミモワスカ行きましょう。標準濃度を確定させ、セッティングの違いを確かめ、危険性を探っていきます。海外に情報がたくさんあるのでこれは楽勝でしょう、

あと鬱関係ですが、マイナスからゼロがある程度なんとかなったので、今後はゼロからプラスに至る道を探ります。

本来は認知症の人のための薬なのに、健常者が飲んだら脳がより働くようになったスマートドラッグ。
これと同じことが、どうやらアヤワスカにも言えそうだということがわかってきました。

きっかけは、幼児退行する人がお茶会で現れたこと。
英語の学習がスピードアップしたという報告がフォーラムに書き込まれたこと。

結論から言うと、どうやらアヤワスカには「ゴールデンエイジ(神経が発達し脳が情報をなんでも吸収する幼少の時期)」を成人になってから復活させる効果がありそうだという話です。

 

■ゴールデンエイジの再興

成人してからの英語学習、成人してからの音感習得、成人してからの運動センスの体得。

語学、音楽、武術、スポーツなどにそれらが正しいメソッドで用いられたとき、人は「教える」という意味を云百年ぶりに更新します。
今まで才能の一言で片づけられていたものが、教えられるようになります。習得できるようになります。
それに必要なものは何なのか。最も適するベース、ミドル、トップは何か。

というわけで、中国拳法は心意六合拳の継承者とプロスポーツ選手が長野に行くので、それについていって記録を取り続けて来年以降に公表します。

これに関連して、外丹法、ソーマヨガ、などと呼ばれる各チャクラを外因により活性化させる手法が確立されつつあります。

 

■青井式ソーマヨガ

研究報告が次々と上がっており、使えるベース(人体の分解酵素を止めるもの)が充実しました。
これによりトップ(酔いを左右させたり体に影響を与えるもの)の意義が高まり、ただのハーブティーなのにベースと合わせるとその効果がびっくりするほど大きくなることが判明しました。
これを使います。
各チャクラに対応するハーブを選定し、各々が抱える弱いチャクラを活性化させるためのメソッドを確立します。体への負担が少ない全く新しい外丹法としてまとめ、皆さんにお伝えします。
この二つを合体させて、キリストの奇跡を紐解いて再現していきます。

 

■キリストの奇跡の再現

オーラの見える女性に整体師さんの整体を受けさせたら、整体師さんの7年間の努力を彼女がものの一日で習得してしまい、整体師さんの心が折れて自殺しかけたということがありました。

彼女からよくよく話を聞いてみると、どうやら視える人にとって整体は「線をまっすぐにするパズル」と捉えられるらしいです。

アヤワスカの本場であるシピボ族の話が思い出されます。
彼らにとって聞くことと見ることは区別されない。音を見て、世界を聞く。これは度重なるアヤワスカで得られる共感覚の賜物でしょう。そして彼女の見ている世界はこの記述と似ている気がします。音⇔絵ではないにせよ、何らかの共感覚を使っている気がします。

またキリストの話も思い出されます。
人々を癒して回ったというイエス・キリストは、ユダヤ教に接触する前にクムラン教というマイナーな、しかし当時の薬草学の最先端を走る教団に接触し修行していたといいます。旧約聖書に出てくる芝はアカシアであると結論付けられており、おそらくモーセだけでなくキリストもアカシアを常用したでしょう。整体はボーンセッターという羊飼い特有の技術であったという話もあります。

というわけで仮説なのですが、
「キリストは、アカシア由来の共感覚を用いた整体で人を癒していたのではないか」

この再現、何をどうすればいいかはまだわかりません。手がかりもないに等しいです。しかし、情報が順調に集まればこれが解明される予感がします。もし解明されたら、世界中の体に関する認識がひっくり返ります。誰もが自らの、そして他人の体を正しい位置に戻せるようになります。疲れることなく走り回り飛び回り、より健康に、活気づいた社会が形成されることでしょう。

そこまでいかなくても、一万枚くらい手足の写真を撮って彼女に「線」を引いてもらい、画像認識ソフトで「その線はいったい画像のどの情報を抽出加工して出ているのか」を突き止めれば、それは即ち携帯のアプリになります。
なんというかこう、携帯のカメラを手足に向ければ、演繹処理されて線が浮かび上がってきて、それを見つつ関節いじくって真っ直ぐにしようとするだけで整体ができる。

そんなアプリが作れそう。

 

というわけで、研究をバックアップしてくださる方を募集します。
おひねり一コ千円で、おひねりの数に応じて各リターンがもらえます。

①煙遊びと煙薬5巻      2おひねり
②煙遊びと煙薬1~4巻セット 3おひねり
③初心者お茶会一回参加    5おひねり

記入例:
題名(description)「①②よろ~」
数量(quantity)  「5」




ゆうちょを使いたい方は以下のフォームを埋めて送信してください。追って払込先の書かれた返信が来ます。


※アカシアとミモザを小売販売する業者さんが現れました。
今後、薬草協会と協力関係を築いていきたいと思います。
※翻訳を手伝ってくださる方が現れました
出来たページがこちらです。ありがとうございます。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

前回のクラウドファンディングでアカシア苗を希望された方、申し訳ありません。諸事情により苗が出荷できなくなりました。つきましては、①返金処理を行う ②代わりに煙薬の新刊とミモザ50gとアカシア50gを8/15以降にもらう のどちらかを選択してgarassan@gmail.comまでご返信ください。

↓返信テンプレート↓

件名:苗の件

【名前】
【①か②か】
【振込先】

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

前回のクラウドファンディングで検定試験教科書を希望された方、申し訳ありません。情報更新のせいで製作がだいぶ長引いています。意外と申し込み人数も少なく、意義もあやふやになっているので、もしかしたらタイミングが今じゃないのかもしれません。これも①返金処理を行う ②代わりに煙薬の新刊(教科書代わり)と手作りの問題集と受験票を受け取る のどちらかを選択してgarassan@gmail.comまでご返信ください。

↓返信テンプレート↓

件名:検定試験の件

【名前】
【①か②か】
【振込先】

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△