Loading...
未分類

アカシア茶の向き不向き・メリットデメリット

自分の体で半年ほど飲み、そして理念に賛同した方々が自ら挑戦しました。その中で、これがどういうことに向くのか、どういう方面には向かないのか、そういったメリットデメリットの情報が集まってきました。

この場では、新しく飲まれる方に向けてそれをまとめます。

■向いていること

・親の愛情不足による方々への依存を切る(依存先を増やして安定させる)

・ネット、食、酒など嗜好性薬物への依存を切る

・発達し損ねていた部分(感情把握、身体感覚の習得、対人関係など)を何とかする

・武術を修める、武道を極める

・言語学習

■向いていないこと

・満員電車に揺られる(酔う)

・人込みの中で仕事する(人酔いする)

・性的なこと(男性の場合なぜか射精できなくなる)

・酒の付き合い(酔っ払いやすくなる)

■条件付きで向いていること

条件①:飲んだ後、経験が豊富で人に教えられるレベルに達したメンター(武術、魔術関係の人)から他人の影響をカットする方法を学ぶ。

・酔うような条件に否応なく巻き込まれる(仕事で船に乗る、バスに乗る、)

条件②:悪い環境をすべて取り除く(良い環境を整える)

・鬱病を何とかする

・トラウマを取り除く

・毒親の影響を断ち切る

■向いていないことをしなければならないが、飲みたい場合

 

■飲んだ場合どうなるか

・酔いやすくなる。カフェインや酒などに敏感になり、少量で酔う

・一時的に性的な欲求が消える。(ヨガ方面の言葉でいうと、自分の中心が第六チャクラ以上のところまで上がるからとのこと。ヨガにはそれを自由に移動させる手法が存在し、武術は第一チャクラまで落とすグラウンディング手法が継承されている)

・フワフワする(理由は同上)

・ストレスが常時かかっていた人は元気になり、あまりストレスがかかっていなかった人は黙考することが多くなり、体の使い方が未熟な人は翌日に疲れが出る。

■メリット

・余分な力が抜ける。

・少しのカフェインで目が覚め、少しのお酒で酔える。つまりコスパが良くなる。

・心が洗われる。

・新しいことを学習しやすくなる

・自分の感情が把握しやすくなる。

・菜食が多くなり、ゆっくり健康になっていく

・依存を切りやすくなる

■デメリット

・酒に潰れやすくなる

・コーヒーが苦手になる

・人に酔いやすくなる

・バスや船に酔いやすくなる

・神が見える時がある

・いずれ発症するはずの統合失調症の人にとっては発病トリガーになりうる。

■特殊事例

・遺伝的な排便障害が9ヶ月かけて治った(一例)

・特に飲みすぎたわけでもないが、紹介だったので知識があまりなく、酔い方に怖くなって錯乱して絶叫した。

・目が良くなった、視力が上がったなど(海外まで含めて数例)

・下痢、便秘(清澄失敗によるタンニン過多)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*